歴史と沿革

創立者 青木寅松

創立者 青木寅松

青木兄弟製本所 1927年の仕事始め

青木兄弟製本所 1927年の仕事始め

  • 1924年(大正13年) 旧東京市芝区南佐久間町にて青木昌治、寅松兄弟により合資会社青木兄弟製本所として発足。
  • 1941年(昭和16年) 戦時中は世田谷区祖師谷に工場を分散、第2工場として営業を続ける。
  • 1949年(昭和24年) 新宿区新小川町2-4へ会社移転。
  • 1952年(昭和27年) 合資会社青木兄弟製本所を解散。 株式会社青木製本所(屋号 松岳社) として独立営業。代表取締役 青木寅松、資本金150万円。
  • 1953年(昭和28年) 資本金300万円に増資。
  • 1961年(昭和36年) 資本金600万円に増資。
  • 1963年(昭和38年) 資本金1,000万円に増資。輸入機械等、設備拡張をはかる。
  • 1965年(昭和40年) 社長 青木寅松、病気療養のため取締役会長に就任。代表取締役、青木光顕。
  • 1967年(昭和42年) 資本金1,500万円に増資。 第3工場を建設する。
  • 1969年(昭和44年) 資本金2,000万円に増資。
  • 1970年(昭和45年) 資本金2,500万円に増資。
  • 1971年(昭和46年) 資本金3,000万円に増資。同年4月工場集約化、第1期工事として第2、第3工場を整理、隣接地を買収、鉄筋3階建工場を完成。
  • 1972年(昭和47年) 9月、創立者 青木寅松死去。
  • 1975年(昭和50年) 資本金4,000万円に増資。
  • 1982年(昭和57年) 12月、本社工場と事務所等を前面改築。本社総面積2,429m²となる。所在地が町名変更により新宿区新小川町3-32に変更。
  • 1987年(昭和62年) 定時株主総会において代表取締役2名、連記制となる。代表取締役会長 青木光顕、代表取締役社長 青木正一。
  • 1987年(昭和62年) 10月、八潮倉庫(697m²)完成。
  • 1996年(平成08年) 生産効率向上のため製本ラインをドイツ、コルブス社製 BF2000SC を導入。
  • 1999年(平成11年) 10月、代表取締役社長 青木正一病死。代表取締役社長 青木英一となる。
  • 2002年(平成14年) 本社を千代田区猿楽町に移転。同時に生産設備を八潮工場と吉川工場に移設する。
  • 2003年(平成15年) 青木光顕、取締役を退任。益子 博が常務取締役に昇任、淺川 茂が取締役工場長となる。
  • 2005年(平成17年) 折部門を強化するため吉川工場に折機を増設。新たに八潮に倉庫を賃貸する。
  • 2006年(平成18年) 益子 博が常務取締役より専務取締役に昇任。
  • 2007年(平成19年) 生産効率を向上する為、吉川工場を八潮工場の近隣に移転。八潮第2工場とする。
  • 2008年(平成20年) 4月、取締役に新たに青木孝憲を就任させ、取締役生産管理部長とする。
  • 2009年(平成21年) 益子 博が専務取締役より副社長に昇任。
  • 2011年(平成23年) 本社を文京区本駒込に移転。
  • 2013年(平成25年) 青木孝憲が取締役生産管理部長より専務取締役に昇任。
  • 2014年(平成26年) 社名を株式会社青木製本所より株式会社松岳社に変更。
  • 2015年(平成27年) 4月、代表取締役社長 青木英一病死。代表取締役社長 青木孝憲となる。
  • 2015年(平成27年) 戸田 真功が取締役(総務経理担当)に昇任。